ユーティリティークラブとは?


ユーティリティークラブとはご存知ですか?今、ゴルフ初心者の間でユーティリティークラブが注目されています。ミズノやダンロップなど多くのメーカーから発表されています。

ゴルフ初心者やアベレージゴルファーにとって5番アイアン以上のロングアイアンは苦手なクラブのひとつです。なぜならば、飛距離を出さないといけないからです。

そんな時に頼りになるのがユーティリティーやショートウッドなどのフェアウェイウッドです。ユーティリティゴルフクラブは、アイアンの板状とウッドの球状の中間の形状をしたゴルフクラブです。

ユーティリティゴルフクラブは、ウッドとアイアンのつなぎのクラブとして理想的です。
また、フェアウェイウッドの7番からをユーティリティーウッド、アイアンに近い形状の物はユーティリティーアイアンと呼んだりします。

ロングアイアンよりも簡単ですので、3,4番アイアンなどが苦手なゴルファーは、最初からユーティリティークラブをセッティグしているようです。

ロングアイアンでは弾道が高くならないゴルファーでも、このクラブを使えば高弾道でピンを狙うことが出来ます。スライスしにくいのも支持される理由の1つです。ヘッドスピードが遅く、ロングアイアンでは球が上がりにくい人は、アイアンの3番・4番・5番を抜いてユーティリティクラブに代えると160〜200ヤードの難しい距離を、高弾道でピンを狙っていけます。

ボールが打ち出される角度がFW並みに高いことと低いバックスピンがかかっているので、高く飛んで風の影響を受けにくい理想的な性能を持ち合わせています。ユーティリティークラブの打ち方は基本的にはアイアンと同じですので、アイアンが得意な人におすすめです。

私はティーショットをミスして、長い距離が残った時には、ユーティリティークラブでリカバリーしていますよ。
この記事へのコメント
激アツ!!激ヤバ!!かなりいい!
Posted by 不倫 at 2009年09月28日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97504340

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。