ゴルフクラブのパター(PT)



ゴルフクラブの中のパター(PT)について書きたいと思います。

ゴルフでは、飛距離を競うスポーツではないので、飛距離が長かろうと短かろうと1打は1打ですね。

飛距離の出る選手は確かに有利なのですが、ゴルフプロのトーナメントでは結果的に数十cmのパッティングの上手下手が勝敗を左右することが往々にしてあります。

やはりいいスコアで上がるには、グリーン上でのパット数をできるだけ少なくすることがポイントのようです。

このグリーン上でのパットに使用するのがクラブがパター(PT)です。

2000年頃からシャフトが非常に長い長尺パターが登場しています。パターは、ピンタイプ、マレットタイプ、そしてクラシカルなL字型に分類できます。

マレットタイプはウッドクラブのようにヘッドが丸く作られたパターです。ピンタイプはヘッドのトウ&ヒール部分に重量が多く配分された形状のパターです。

L字型はシャフトとヘッドのつながりがアイアンと同じで、アルファベットの「L」の字に似ているパターです。

初心者にはピンタイプと、ヘッドが大きめのマレットタイプがおすすめです。また、現在では ピンタイプとマレットタイプのパターが最も良く使われていますよ。

素材は各種金属からプラスチックまで様々なものが使われており、グリップの形状やサイズが 他のクラブよりもバラエティーに富んでいて 個性の最もでるクラブと言えます。

パターは必ずショップで何種類か試打してから購入しましょう。試打でのポイントは、構えやすさと転がりです。パターを持って構えてみて、しっくり握りやすく、ボールを打った時に狙った方向にイメージ通り転がるか何度も試してみましょう。

以上 ゴルフクラブのパター(PT)についてでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。