ゴルフクラブのアイアン選び方


ここでは、アイアンの選び方をご案内します。
ゴルフクラブはルール上14本まで使用できますが、そのうち「距離の打ち分け」を主目的として使われるクラブをアイアンと呼びます。

本数が多いほど、距離によってクラブを選ぶといった微妙な距離調節が可能になります。

アイアンは6〜10本が1セットになって販売されています。ウッドと同様に、アイアンも、3番、4番… 9番と数字で種類分けされ、9番以降は、グリーンへの寄せの際によく使用されるピッチングウェッジ(PW)、ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のロフト角を持つアプローチウェッジ(AW)、バンカーからの脱出の際に使用されるサンドウェッジ(SW)と呼ばれています。

アイアンは市販されているアイアンの構造から3つに分類されます。キャビティアイアンはフェースの後ろ側が凹んだ構造のアイアン。
中空アイアンはヘッド内部が空洞になっている構造のアイアン。マッスルバックアイアンはヘッドはシンプルな板状のアイアン。

初心者にはキャビティアイアンがおすすめです。手頃な値段で買えるモデルが多く、大きなヘッドでソール幅が広いモデルはボールが上がりやすく、ミスにも強いからです。本数は5番からSWまでの8本でOK。

初心者にはロングアイアン(3番、4番)は難しいので必要ありません。アマチュア向けでは、3番・4番アイアンがクラブセットから除外される事も多くなっています。重量は、初心者には少し重めがおすすめです。一般男性の場合、370〜410グラム(5番アイアン)を目安に選ぶといいでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94591259

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。