ゴルフクラブはドライバーで決まり!


ゴルフプレイヤーの最大の願望は、ロングホールでドライバーで飛距離を伸ばして、
バーディ・イーグルなどを取ることでしょう。
ゴルフクラブの中でドライバーといえば1番ウッド(1W)のことをいい、
基本的にもっとも飛距離が出るように設計されているクラブです。

一般にウッド形状のクラブはアイアン形状のクラブよりも飛距離を出しやすく
作られています。
1番ウッド(ドライバー、1W)。2番ウッド(ブラッシー、2W)。3番ウッド(スプーン、3W)。4番ウッド(バッフィー、4W)。5番ウッド(クリーク、5W)。
と呼ばれています。

ドライバーは飛距離を出すためにシャフトも長く、ヘッドも重たくなっています。
従来は、ヘッドはパーシモン(柿の木)など木製が主流でしたが、
現在は素材の入手の難しさ、量産ができないなどの理由からチタンなどメタル製やカーボンとメタルの複合製のウッドのドライバーがゴルフクラブの主流になっています。

また最近、競技向けでは、SLEルール適合の低反発ドライバーが使用されているようですが、これはあくまで競技用ですから、一般ゴルファーは高反発ドライバーで楽しむべきでしょう。
ゴルフスイングのドライバーで飛距離を出すには、ショットのときに、こころもちお尻の位置を高くして、体重をつま先寄りに乗せて構えます。
少し前のめりの感じになりますが、こうすることで下半身が安定し、体の中心に力が入った状態でドライバーの打ち方が上手になり、飛距離アップにつながります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。