初心者のゴルフクラブ選び


このページでは、初心者のゴルフクラブ選びについて、お話します。

まずゴルフを始めるのに必要なゴルフクラブセットを選ぶ場合には、
6番アイアンのカーボンシャフトから始めていくのが無難です。
とりあえず6番アイアンで、まっすぐ打てるよう練習すると良いです。

ゴルフのルールでクラブは「14本以内なら何本でもOK」ですが、
初めはハーフセット(1、4ウッド、5、7、9アイアン、サンドウェッジ、パター)を揃えれば十分コースデビューできます。
上達するレベルに合わせて必要なゴルフクラブを揃えていけばよいでしょう。

クラブは大別するとウッドとアイアン、そしてパターに分類できます。
ウッドには、ドライバーとフェアウェイウッド(FW)とがあり、
ドライバーは第一打目に使うためのクラブで距離が出しやく、フェアウェイウッドは主に2打目以降に使うためのものです。

アイアンは、ウッドに比べると長さが短く、ヘッドが板状に薄べったく作られているクラブです。

パターはボールを転がすためのクラブで、主にグリーン上で使います。グリーンに乗ったら、カップに沈めるまでパターでプレーします。

ゴルフクラブの選び方のポイントは、身長や体型に合わせることとゴルフヘッド及びシャフトのバランスが重要となります。 ゴルフクラブは専門ショップでじっくりとアドバイスを聞いて購入する事がおすすめです。いきつけのお店をつくり、ゴルフクラブについて良く知っている店員さんを探しましょう。道具を「理解」する楽しみにも繋がるので「クラブ選び・・・」と言った解説本を買って読む事も、これからゴルフクラブを購入される方にはおすすめです。

以上が初心者のゴルフクラブ選びについて、説明しましたが、いかがでしたか?
とにかくはじめは、アイアンで練習していき、上達するレベルに合わせて必要な
ゴルフクラブを揃えていきましょう!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94309453

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。