ゴルフクラブのアイアン選び方


ここでは、アイアンの選び方をご案内します。
ゴルフクラブはルール上14本まで使用できますが、そのうち「距離の打ち分け」を主目的として使われるクラブをアイアンと呼びます。

本数が多いほど、距離によってクラブを選ぶといった微妙な距離調節が可能になります。

アイアンは6〜10本が1セットになって販売されています。ウッドと同様に、アイアンも、3番、4番… 9番と数字で種類分けされ、9番以降は、グリーンへの寄せの際によく使用されるピッチングウェッジ(PW)、ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のロフト角を持つアプローチウェッジ(AW)、バンカーからの脱出の際に使用されるサンドウェッジ(SW)と呼ばれています。

アイアンは市販されているアイアンの構造から3つに分類されます。キャビティアイアンはフェースの後ろ側が凹んだ構造のアイアン。
中空アイアンはヘッド内部が空洞になっている構造のアイアン。マッスルバックアイアンはヘッドはシンプルな板状のアイアン。

初心者にはキャビティアイアンがおすすめです。手頃な値段で買えるモデルが多く、大きなヘッドでソール幅が広いモデルはボールが上がりやすく、ミスにも強いからです。本数は5番からSWまでの8本でOK。

初心者にはロングアイアン(3番、4番)は難しいので必要ありません。アマチュア向けでは、3番・4番アイアンがクラブセットから除外される事も多くなっています。重量は、初心者には少し重めがおすすめです。一般男性の場合、370〜410グラム(5番アイアン)を目安に選ぶといいでしょう。

ゴルフクラブはドライバーで決まり!


ゴルフプレイヤーの最大の願望は、ロングホールでドライバーで飛距離を伸ばして、
バーディ・イーグルなどを取ることでしょう。
ゴルフクラブの中でドライバーといえば1番ウッド(1W)のことをいい、
基本的にもっとも飛距離が出るように設計されているクラブです。

一般にウッド形状のクラブはアイアン形状のクラブよりも飛距離を出しやすく
作られています。
1番ウッド(ドライバー、1W)。2番ウッド(ブラッシー、2W)。3番ウッド(スプーン、3W)。4番ウッド(バッフィー、4W)。5番ウッド(クリーク、5W)。
と呼ばれています。

ドライバーは飛距離を出すためにシャフトも長く、ヘッドも重たくなっています。
従来は、ヘッドはパーシモン(柿の木)など木製が主流でしたが、
現在は素材の入手の難しさ、量産ができないなどの理由からチタンなどメタル製やカーボンとメタルの複合製のウッドのドライバーがゴルフクラブの主流になっています。

また最近、競技向けでは、SLEルール適合の低反発ドライバーが使用されているようですが、これはあくまで競技用ですから、一般ゴルファーは高反発ドライバーで楽しむべきでしょう。
ゴルフスイングのドライバーで飛距離を出すには、ショットのときに、こころもちお尻の位置を高くして、体重をつま先寄りに乗せて構えます。
少し前のめりの感じになりますが、こうすることで下半身が安定し、体の中心に力が入った状態でドライバーの打ち方が上手になり、飛距離アップにつながります。



初心者のゴルフクラブ選び


このページでは、初心者のゴルフクラブ選びについて、お話します。

まずゴルフを始めるのに必要なゴルフクラブセットを選ぶ場合には、
6番アイアンのカーボンシャフトから始めていくのが無難です。
とりあえず6番アイアンで、まっすぐ打てるよう練習すると良いです。

ゴルフのルールでクラブは「14本以内なら何本でもOK」ですが、
初めはハーフセット(1、4ウッド、5、7、9アイアン、サンドウェッジ、パター)を揃えれば十分コースデビューできます。
上達するレベルに合わせて必要なゴルフクラブを揃えていけばよいでしょう。

クラブは大別するとウッドとアイアン、そしてパターに分類できます。
ウッドには、ドライバーとフェアウェイウッド(FW)とがあり、
ドライバーは第一打目に使うためのクラブで距離が出しやく、フェアウェイウッドは主に2打目以降に使うためのものです。

アイアンは、ウッドに比べると長さが短く、ヘッドが板状に薄べったく作られているクラブです。

パターはボールを転がすためのクラブで、主にグリーン上で使います。グリーンに乗ったら、カップに沈めるまでパターでプレーします。

ゴルフクラブの選び方のポイントは、身長や体型に合わせることとゴルフヘッド及びシャフトのバランスが重要となります。 ゴルフクラブは専門ショップでじっくりとアドバイスを聞いて購入する事がおすすめです。いきつけのお店をつくり、ゴルフクラブについて良く知っている店員さんを探しましょう。道具を「理解」する楽しみにも繋がるので「クラブ選び・・・」と言った解説本を買って読む事も、これからゴルフクラブを購入される方にはおすすめです。

以上が初心者のゴルフクラブ選びについて、説明しましたが、いかがでしたか?
とにかくはじめは、アイアンで練習していき、上達するレベルに合わせて必要な
ゴルフクラブを揃えていきましょう!




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。